Venus Style(ヴィーナススタイル)

40歳からのシンデレラストーリー

女として艶めき一番輝くミドルエイジ。諦めないで下さい。40代〜の貴女だけのシンデレラストーリー Kumikoがプロデュースします。

「2015年10月」の記事一覧

【 薔薇と禁断のエロス 】9話

2015-10-15

ナカムラに強引に押し倒された

 

久美子は、夫と離れた生活で

 

男との交わりが半年無かった事と

 

憧れの仲村トオルと同じ名前の

 

ナカムラの愛撫で封印されて

 

いた女が完全に目覚めた。

 

そして遂に…

 

「 お願い挿れて…もう我慢できない… 」

 

「 久美子さん、僕を受け入れてくれるんですね…うれしいです」

 

そう言うとナカムラは硬く反り起った

 

肉棒を久美子の花びらに押しあてると

 

そのまま花びらの奥に入っていった。

 

「 ぁあああ…凄ぃいいい」

 

「 久美子さんっ…凄い…き、きつい、」

 

「 久美子さんっ…好きですっ…」

 

ナカムラは自分の肉棒で激しく感じる久美子を見てたまらなく愛しくなり

 

激しく突きながら、久美子に何度もキスをした。

 

「 ぁあん、ナカムラさん私…おかしくなっちゃう…」

 

「 トオルって呼んで下さい…今は僕を恋人だと思っていっぱい感じて下さい…」

 

「 ぁあっ…ト オルっ…駄目っ…久美子イッちゃいそうっ…」

 

「 まだ駄目です!もっと感じて下さい…」

 

そう言うと、久美子に抱きつくと更に

 

久美子のポルチオに硬くなった肉棒を

 

押しつけた。

 

「 ぁああああっ…もう駄目…イクぅ〜…」

 

「 おマンこイっちゃううううう〜」

 

ナカムラトオルは久美子がイク寸前で

 

肉棒を抜いた。

 

すると久美子の花びらから噴水のように

 

潮が飛びだした。

 

「 ぃやああああっ、恥ずかしぃいいっ…」

 

久美子は顔を手で隠した。

 

「 久美子さん凄い!はめ潮吹くんですね 」

 

「 ぃやんっこんなのっ…初めて〜」

 

ナカムラは優しく久美子のおでこに

 

キスをすると再び肉棒を花びらな中に押入れた。

 

「 ぁああああ、トオルっ…気持ちいい…」

 

「今だけ好きって言って下さい…」

 

「 好きっ…トオル…」

 

「ぁああっ…久美子さん…僕もイキそうです…」

 

ナカムラの肉棒は更に硬くなり暴発寸前になった

 

「 ぁあああっ…硬いっ…トオルのおチンチン硬い…駄目〜〜久美子もイっちゃうううっ」

 

「 久美子 一緒にイこう…」

 

ナカムラはそう言うと

 

久美子の手を自分の手で握りしめ腰を振った。

 

「 ぁああああ、イくぅ、イくぅ、イくうううううっ」

 

久美子は絶叫してナカムラにしがみついた…

 

〈続く〉

Deepな女子会 【 幸せになる為のSEX講座in名古屋 】

2015-10-14

愛と美の伝道師Kumikoです。
2015・10/11開催
【幸せになる為のS◯X講座in名古屋 】

 

無事開催することができました!

 

今回の会場は初ダンススタジオで明るく

 

鏡張りの空間で、ある意味ステキな

 

シチュエーションで開催できました!

 

先ず講座の前の貴子先生とランチミーティング

 

image
第1部は井川貴子先生の講話
「 平成版やまとなでしこの体つくり 」

 

image

image

 

第2部はわたくしKumikoの講話

 

「 幸せになる為のS◯X 」

 

幸せについて真面目に話してます。
image
騎乗◯のテクニックを伝授

 

image
ご奉仕のポジションを伝授

 

image

 

講座の後の懇親会も盛り上がりました

 

image

 

 

 

 

【 薔薇と禁断のエロス 】 8話

2015-10-06

「  ナカムラさん、駄目です、こんなこと、私主人がいるんですっ」

 

久美子はそう言うとナカムラの腕を

はらおうと抵抗したが

 

ナカムラは力づくで久美子の手を

 

握るとそのままなだれこむように

 

久美子を押し倒した

 

久美子はナカムラに

 

襲われた状態だったにもかかわらず

 

体は熱くなり、顔は赤く染まり

 

どうしようもない体の疼きを

 

抑えきれず、つい喘ぎ声が出てしまった

 

「あん…っ」

 

「 久美子さん、腰が動いてるじゃないですか」

 

「 いやん…腰が…勝手に動いちゃう、こんな事主人に見られたら…」

 

「ご主人は今アメリカですよね⁈」

 

「 やだ、そんなことまで知ってるんですか!」

 

久美子がそう言うと

 

ナカムラは

 

口を手で塞ぐと

 

「 今は僕だけを見て下さい、目を閉じて」

 

と久美子の耳元で囁いた

 

久美子は頭の中が真っ白になり

 

ナカムラの言われるとおりに

 

目を閉じた。

 

ナカムラは、久美子のスカートの

 

下から手を入れストッキングを太ももまで

 

下げて、パンティの隙間から指を入れた

 

「 凄い、大洪水じゃないですか…何でこんなに濡れてるんですかっ」

 

「やだ…恥ずかしいです」

 

ナカムラが指を動かす度に

 

ピチャピチャと卑猥な音が部屋中に響いた

 

〈続く〉

 

 

 

以前の記事へ »