Venus Style(ヴィーナススタイル)

40歳からのシンデレラストーリー

女として艶めき一番輝くミドルエイジ。諦めないで下さい。40代〜の貴女だけのシンデレラストーリー Kumikoがプロデュースします。

【 薔薇と禁断のエロス 】13話

2016-01-15

シャワーを浴び終わった久美子

 

シャワーでのオナニーでエクスタシーを感じた久美子の体は、まだ余韻が残り体は熱くホテったままだった。

 

何気に、携帯を見ると久美子の夫、隆から

 

メールが届いていた。

 

「 今月末本社で会議があって帰国するから、久しぶりに会えるね、寿司が食べたいから一緒に食べに行こう」

 

久美子は、直ぐにメールを返した

 

「そうなんだ!半年ぶりだね。じゃあお店予約しとくね。楽しみにしてるから」

 

隆は小学1年の時に母親を病気で亡くした。母親が亡くなった後は、祖母と暮らすようになり、祖母に育てられた。

 

 

久美子は隆と結婚して15年。残念ながら子供には恵まれなかった。しかし、それなりに夫婦仲は良かったが、ここ数年はセックスレスだった。

 

 

セックスレスになってから久美子は俳優仲村トオルの黒革の手帖を見て仲村トオルにハマってしまった。

 

隆は久美子が仲村トオルにハマり、仲村トオルの画像を見ながら1人オナニーをしているなんて知るよしもなかった。

 

女盛りでありながら、その体を発散する相手もおらず、ただ1人で欲望を吐き出していた。そんな中

 

営業のナカムラトオルと出会い

 

 

ナカムラからの猛烈な責めについ危険な情事に身を投じてしまった久美子。

 

 

夫へメールを返した後、久美子はナカムラとの情事を後悔し、隆へ申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 

心の中で、「あれは、事故だったのよ、ナカムラさんが無理やり迫ったから…私は拒んだんだから…」

 

と自分に言い聞かせた。