Venus Style(ヴィーナススタイル)

40歳からのシンデレラストーリー

女として艶めき一番輝くミドルエイジ。諦めないで下さい。40代〜の貴女だけのシンデレラストーリー Kumikoがプロデュースします。

【 薔薇と禁断のエロス 】 12話

2016-01-08

病院からもどった久美子は

 

薔薇の手入れをした

 

私の可愛い子供たち…

 

薔薇を見るのが日課で、薔薇を見ることで癒される久美子

 

すると、雨がポツポツと降ってきた

 

雨粒が薔薇の花びらにおちては

 

弾いて地面におちていく様を暫く見ていた久美子

 

初夏で30℃を超える暑さだったので

 

湿度が高く蒸し暑さにやられた久美子は

 

家の中に入るとシャワーを浴びた

 

冷たい水のシャワーが久美子の体から吹きだした汗を洗い流した。

 

すると、久美子の脳裏にナカムラとの

 

SEXが蘇ってきた…

 

ナカムラさんの体、たくましくて

 

激しかった…でも終わった後の違和感が今もひっかかている

 

なんだったんだろう…

 

 

でもあんなに濡れてしまうなんて恥ずかしかった

 

 

久美子はナカムラとのSEXを思い出した事で

 

 

体がほてり花びらが疼いてきてしまった

 

 

そして、気がつくとシャワーを久美子の

 

 

クリトリスにあてていた…

 

 

シャワーの勢いでクリトリスが勃起し

 

 

ぁあん…気持ちいい…

 

 

久美子はシャワーをクリトリスにあてながら左手の中指で久美子の花びらの中を搔きまわした。

 

 

一気に気持ち良くなった久美子は

 

 

トオル…気持ちいい…

 

 

久美子の花びらがこんなに感じて、ヌルヌルになっちゃった…

 

image

 

 

トオルの硬いのが欲しいの…

 

 

早く久美子の中に来て…

 

 

久美子は営業のナカムラトオルではなく俳優仲村トオルを思い浮かべながら

 

 

自分の花びらを更に搔き回すと

 

 

ぁああ…もう駄目…我慢できない

 

 

イっちゃう…イくっ…イくっ…イくぅー!

 

 

と大きな声をだしながら

 

 

一気に絶頂を味わい果ててしまった。